桃太郎源とは
  桃太郎源株式会社は、岡山大学にて独自に単離・同定された新規の癌抑制
 遺伝子REIC (reduced expression in immortalized cells) のがん治療における
 高いポテンシャルに注目し、REICとその関連するシーズの臨床開発を進め、メガ
 ファーマ・製薬企業への橋渡しを実現するために創設された創薬ベンチャー企
 業です。具体的には、研究開発支援からファイナンスまでを含めた「橋渡し事
 業」そのものを企業化し、REICとその関連するシーズの広範囲な可能性とともに
 新たな有望シーズの事業化を支援してまいります。
  当面の事業化目標は、「癌に対する in situ 遺伝子治療」であるREICのアデノ
 ウィルス製剤の開発であり、その後 種々のキャリアを用いるREIC遺伝子治療、
 ならびにREIC関連タンパク質、ペプチドなどを用いる新規標的治療などの研究
 開発と事業化へと事業を展開してまいります。
  会社名である「Momotaro-Gene社(桃太郎源社)」は、がん治療における岡山
 発の夢の遺伝子である「REIC遺伝子」に因み、遺伝子「Gene」の日本語読みを
 「源」として命名しました。桃太郎の鬼退治に象徴される「イヌ・サル(産学連携を
 含む異分野融合)」と「キジ(先見性)」を味方として、鬼(がん細胞)だけを攻撃
 すること(標的性)を目標として機動的に活動いたします。
 

  

橋渡し機能の充実とパートナーズ
  創薬の実業の道、つまりメガファーマ・製薬企業が実際に開発パートナーと
 なるまでには、大きく深い谷があります。創薬がまさに我々人間の生死につな
 がる技術であるだけに、ヒトに対して安全で有効であるかの実証が創薬事業
 化のポイントであり、その第一歩であるFIM(First In Man)試験、または臨床
 第1相試験を最低限終えていることが、現在 熾烈な世界競争を強いられてい
 るメガファーマ・製薬企業と交渉する条件となっています。
  この橋渡し機能として、研究開発と共に重視されるものに「知的財産戦略」
 「GMP・GLP試験物製造」「臨床研究プロトコール作成」「ファイナンス戦略」が
 挙げられます。

  知的財産戦略
    社内に実際に製薬企業で知的財産関連の実績がある人材を迎え、内部
    機能の充実を図るとともに、知財の橋渡しビジネスを展開するリクルート社
    テクノロジーマネジメント開発室との連携を図ります。

  GMP・GLP試験物製造
    日本の遺伝子治療のメッカである岡山大学遺伝子細胞治療センター、
    遺伝子治療で米国随一の米国ベイラー研究所、英国国立バイオマニファ
    クチャリングセンター(NBC)の運営者であるエデンバイオデザイン社と、
    日米欧の最先端GMP製造研究機関・事業者との連携を誇っています。
    IL-12のアデノウィルス製剤に関しては、米テキサスベイラー医科大が製
    造したマスターウィルスバンクを保有しており、難治性固形がんに対する
    免疫遺伝子治療の国際共同臨床研究を支援します。

  臨床研究プロトコール
    遺伝子治療薬に関しては、臨床研究に際して文部科学省・厚生労働省が
    定めた「遺伝子治療臨床研究に関する指針」に従い、プロトコールを作成
    する必要があり、プロトコールは厚生労働大臣に提出され、「遺伝子治療
    臨床研究作業委員会」での審議を経て、最終的に実施施設の長が、実施
    責任者に実施承認を与えることとなっています。本分野では日本で圧倒
    的な実績を誇る岡山大学との連携を深め、また臨床治験では、日本の
    リーディングCROであるイーピーエス株式会社との連携を図ります。

  ファイナンス戦略
    巨額の資金が必要となる臨床研究・臨床治験における資金調達では、
    マネーゲーム化することで会社の堅実な発展が阻害されたり、またベン
    チャーキャピタルなどの出資者からの視点では、回収に時間がかかり
    すぎるなどの問題があります。弊社は「岡山から日本を元気にする岡山
    大学発 創薬ベンチャー企業」として、先ずはこれまでの研究実績に基づ
    く信頼とネットワークを基に「地元 岡山」の皆さま方からの出資を募り、
    REICの安全性・有用性の確認を目指します。その後、エンジェル税制や
    政府系ファンド等を活用し、全国的な出資をお願いすることを予定して
    います。
  

  

桃太郎伝説
  桃太郎(ももたろう)は日本のおとぎ話のひとつで、桃から生まれた桃太郎が
 お婆さんから黍団子(きびだんご)を貰って、イヌ・サル・キジを従えて、鬼ヶ島
 まで鬼を退治しに行く物語で、岡山がその発祥の地とされています。

 あらすじ:
   むかしむかし、あるところに 子供のいない老夫婦が住んでいました。ある日
  お婆さんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れて来たのでお爺さんと食べ
  ようと家に持ち帰りました。2人で桃を割ると中から男の子が生まれたので、
  「桃太郎」と名付けて大事に育てました。
   成長した桃太郎は、鬼ヶ島の鬼が人々を苦しめていることを知り、鬼退治を
  決意し、親からもらった黍団子でイヌ・サル・キジを家来に従え、鬼ヶ島で鬼と
  戦い、見事に勝利を収め、鬼が方々から奪っていった財宝を持ち帰り、お爺さ
  ん お婆さんと共に幸せに暮らしました。
 

  

マスコット
  このホームページで使われている桃太郎は 木彫・木版画工房 でくの房(前橋
 市)を主宰する 野村たかあき氏の木彫り人形をCG化した作品です。会社設立
 発起人のひとりが、野村氏の個展にて、はるか彼方の頂きに向かい夢の実現を
 洞察する眼力と後ろ手に組んだ大きく力強い巧みの手の桃太郎さん、その凛々
 しい姿に惚れ込み、イメージマスコットとしての個別制作とCG化に至りました。
 姿は異なりますが、岡山市デジタルミュージアムにも「桃太郎と鬼さん」と題した
 野村たかあき氏の作品が常設展示されています。

  桃太郎の動画が表示されない場合は、左のバナーより
  ご使用のパソコンに FLASH PLAYER のダウンロードを
  お願い致します。








  
Momotaro-Gene Inc.